イセデリカ株式会社
  • 会社案内
  • 商品一覧
  • 卵料理レシピ
  • たまご情報ランド
  • 卵のQ&A
  • キャンペーン
  • ホーム

ホーム > 卵料理レシピ > 日本の卵料理 > 恵方巻(太巻き寿司)

日本の卵料理

レシピ恵方巻(太巻き寿司)

恵方巻の作り方。節分の夜には、その年の恵方を向いてまるかぶり!
幸福が訪れると言われる、日本古来のおまじないです。

材料

(2人分)

●厚焼き玉子

 

恵方巻(太巻き寿司)
 
こだわり卵 5個
砂糖 大さじ4
大さじ1
少々

 

 
うなぎ 1/2本
きゅうり 縦1/2本
人参 縦1/4本
2合
すし酢 少々
のり 2枚
   
作り方
(1) 米は少し固めに炊き、市販のすし酢をあわせてすし飯を作ります。
(2) 人参は8mm程度の拍子切りにして、塩ゆでします。
(3) きゅうり・うなぎは1cm程度の細さにきります。
(4) 厚焼玉子を焼きます。
材料全部をボールにいれて、材料が混ざり合う程度にかき混ぜます。
熱したフライパンに油を引き、5〜6回にわけて注ぎながら玉子焼きを焼いていきます。
冷ましてから約1.5cmの縦長に切ります。
(5) 巻きすの上にのりをおき、すし飯をのせて広げます。
(量を少な目にして、のりの奥側から3〜5cm程度を残して広げると、失敗が少なくなります) 
手前から1/3くらいの位置に手でくぼみをつけて、具をのせます。
(6) 巻きすを一気にむこう端に持っていく要領で巻き込み、両手でしっかり押さえます。
形が決まったら巻きすからはずし、お好みの大きさに切り分けます。

One Point

節分の夜は、切り分けず、ぜひ“まるかぶり”してみてくださいね!

日本の卵料理へ戻る

卵料理レシピ
イセデリカホームページトップへ